カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

網元のこだわり


  水揚げは時間との勝負。

浜辺(港)に見えるのが、佐田岬の鬼(朝日共販株式会社)の本社・加工場。
我が「福善船団」の漁師は、「鮮度」に命をかける。「鮮度」が素材の味を分かつことを誰よりも知っているから。

だから、水揚げ後は時間との勝負。
一日に何度も港と漁場を行ったり来たり。
燃料代もバカにならないらしいが、これが「鮮度」にこだわった「福善船団」の漁法なのです。

「朝日共販のしらす」について詳しく見る

加工場に隣接したレストラン&お土産ショップ「しらすパーク」(当社運営)では、海を目の前にピチピチの「しらす丼」もご提供しています。

「しらすパーク」について詳しく見る
 


  しらすと向き合う

加工部の女性たちは「自分たちが一生懸命つくったものを誰かが買ってくれて、喜んでくれたら嬉しいから。」と微笑む。
自分の仕事に忠実に、誰かのために心をこめて、楽しく生き生きと、しらすと向き合っています。